全国のご当地ほりにし

青森県今別町

青森県の無形民俗文化財に指定されている今別町の伝統芸能「荒馬まつり」あしらったラベル

ご当地ほりにし販売店

海峡の家「ほろづき」

住所:青森県東津軽郡今別町大字袰月字村下70 TEL:0174-36-2166 営業時間:チェックイン15時 ~ チェックアウト10時 定休日:年末年始(12月28日から1月4日)
高野崎から歩いて5分ほどの小高い丘にある、木造校舎の温もりが今も残る「海峡の家ほろづき」。 廃校になった中学校の校舎を宿泊施設としてリノベーションしており自炊や体験学習、レクリエーションに最適です。 また、お風呂は「炭酸カルシウム人工温泉」となっております。

道の駅いまべつ 半島プラザアスクル

住所:青森県東津軽郡今別町大川平字清川87-16 TEL:0174-31-5200 営業時間:物産販売コーナー 9:00~19:00(12月から3月までは18:00まで) 喫茶コーナー 10:00~16:00  レストラン驛(えき) 11:00~16:00 定休日:無休(臨時休業あり)
道の駅いまべつ半島プラザアスクルは、北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」や津軽線「津軽二股駅」に隣接しており、今別町の観光情報が手に入ります。 店内では町の特産品やお土産、時期によっては地元で水揚げされた新鮮な魚も販売しています。 また、道の駅いまべつ内のレストラン「驛」では、町特産品のもずくうどんやいまべつ牛のステーキを食べることができます。

いまべつ総合体育館(宿泊所併設)

住所:青森県東津軽郡今別町大川平字清川121-3 TEL:0174-31-0354 営業時間:体育館施設及び宿泊棟窓口 9:00~21:00(日曜日及び祝日は17:00まで) 定休日:年末年始(12月29日~1月3日)
バスケットボールや卓球、バドミントン、フットサル、フェンシングなど多くのスポーツでご利用いただけます。 また、宿泊施設も完備しております。 ※宿泊のご予約はご利用の3日前までにお願いします。また、宿泊や体育施設利用でなくても入館は可

青森県今別町の紹介

青森県今別町の紹介
青森県は津軽半島の先端に位置する今別町。自然豊かな今別町の気候は、津軽海峡の潮流の影響を受けやすく、夏季は、オホーツク海の冷気を含んだ偏東風(やませ)が吹くため、比較的涼しい気候です。 昭和63年、青函トンネルが完成して以降本州側の青函トンネルの入口の町として、平成28年3月26日には、北海道新幹線の停車駅「奥津軽いまべつ駅」が開業し、日本一小さい新幹線駅がある町でもあります。
豊かな自然で育まれた特産品
基幹産業である農業は、水稲、畜産、野菜。また漁業では津軽海峡で養殖している津軽半島今別サーモンも人気の特産品となっています。
町の伝統芸能「荒馬」
青森県無形民俗文化財に指定されている「荒馬(あらま)」は、田植え後に田の神が天に昇る時に農民が神に感謝する神送りの行事。演舞は地区ごとに異なるもので、それが一堂に会する荒馬まつりは迫力満点。男女でペアになって演舞することから、縁結びの側面もあるとの噂も…
津軽海峡を望む開放感のあるキャンプ地
津軽海峡を望む美しい海岸線は津軽国定公園に指定されており、その景観でアウトドアを楽しめる鋳釜崎キャンプ場及び高野崎キャンプ場は、県内外からのお客様で賑わっています。

アレンジレシピ

株式会社パシュート
オレンジ・アウトドアショップ
ほりにし